newsletter

私共ではリピーターの皆様には毎月1回封書でラブレター(DM)をお送りさせて頂いております。

ここのところお得意様数名様から「毎月コツコツ出しているんだからホームページを一生懸命やっているなら出してみれば!」と言われたため一部を抜粋して掲載させて頂きます。掲載の理由は・・・、コツコツやっているアピールです!

 

 

 

2015年2月のラブレターからの抜粋

 

『毎日様々なニュースが新聞の紙面を賑わせておりますが楽しいニュースがある一方やりきれないニュースもあり誠実味に欠ける世の中であることは間違いないようです。自分を戒める材料や契機になると言えなくもないのでしょうがやはりもう少し社会全体に暖かい空気が流れることが大切なのかなとも思います。

さて今月は春夏物シーズンのスタートでございますのでメーカーや問屋さんから「ぜひ弊社の生地を」とか「お安くしますよ」等の売り込みがございます。ただ一度立ち止まって冷静に考えてみますとこれはちょっとどうなのかなと疑うような生地に出くわすこともございます。そういう生地をお取扱いすることはビジネス倫理としてだけでなく人として言語道断だと思いますので丁重にお断りさせて頂くようにしております。やはり自分で自信を持ってご提案できるものでないとビジネス自体が存続できないと思いますので、細く長くひっそりと隠れ家のように続けていくためにも皆様の信頼を裏切るような行為はしないように心掛けてまいりたいと思います。
思えば私最近は他店と価格競争をしながらたくさんのメーカーやブランドの生地をお取扱いしなくなりました。ホームページも今までのサイトから間もなく新規サイトに移行する予定なのでございますが、今まで商品と価格を羅列しておりましたプライスのページも削除してしまいました。今後はメインのオリジナル・カノニコ・ゼニアを中心にその時々でお得なブランドやリーズルナブルな生地をリアルタイムに掲載させて頂く形式にさせて頂こうかなと考えたのでございます。やはり私自身が信念を持ってご提案させて頂くべきだと思える生地やブランドがこの3つだからなのだと思います。昨シーズンは新しい生地やブランドも積極的にお取扱いさせて頂いたのですが今シーズンは必ずしもそうでなくとも良いのだと思えるようになりました。と申しますのも語幣を恐れずに申し上げますと恐らく私は皆様のご要望を第一に考えてはいないからのだと思います。それよりも例えば世界最高の素材を皆様にできる限りリーズナブルにご提案させて頂きたいとかこれなら皆様に喜んで頂けるかなとか、利益主義ではなく満足主義とでも申しましょうか一般的なビジネスの観点から私は少しズレているのだと思います。考えてみますとオーダースーツは買わなければならない生活必需品でもありませんし、大体このくらいの予算でとご検討頂くものなのかなとも思うのですが、どうも最近は気が付かなかったけれど欲しかったものに気付いてしまわれた皆様が多いように感じております。誰かに見せびらかすためでもなく日々の生活の中でご自分にとっての価値あるものは何なのかをお考えになられている方が多いからかもしれません。今後もお便りをどう書こうかとかホームページをどう更新しようかとか細かい点ではなく、どうしたら皆様に喜んで頂けるかを考えてご提案させて頂きたいと思います。・・・あとは封書にて・・・。』

 

 

 

 

 

 

2015年1月のラブレターからの抜粋

 

『おかげ様で昨年もご紹介頂きました皆様やWebをご覧頂きました皆様にも多数ご来店頂くことができたこともありまして例年を上回るご注文を賜ることができました。誠にありがとうございました。皆様に心より感謝申し上げます。ただ私勘違いは禁物なのだと心してまいりたいと思います。今シーズンも商品力によって少しばかり賛同が頂けているだけで皆様にそっぽを向かれずに済んでいるのだと思います。間違ってもご来店頂けているのはご提案が正しいからなのだなどと考えないように致します。それよりも何か一つでも皆様の身になることで心が通じ合えるよう努めてまいりたいと思います。

ところで最近ホームページや封書に関しまして皆様からアドバイスを頂くことも多くなってまいりました。「封書なんて大変でしょ。メルマガにしたら?」とか「スーツのスタイルやデザインはホームページから頼めるようにすれば?」などのアドバイスをはじめ様々なご意見を頂戴致しております。確かにWebが主流となりもっとスマートにビジネスをすることも可能になったのだと思いますが、私は今のところは少々遠回りでも地道に手間暇をかけていこうかなと考えております。世の中が変化しているのは分かっていてもそれを自分のビジネスに当てはめて考えるのはなかなか難しいのだと思いますが、何でも理論通り計画通りにはいかないのだとも思うので、今は少しばかりの地道な継続の成果に何とか支えられているのだと考えて焦らずたゆまずのんびりとまいりたいと思います。ただそもそもアドバイスを頂けるのも皆様にじっくりとお話を伺える状況にあるからでございまして、私は既にのんびりし過ぎているのかもしれません。実際この一年を振り返りますと月を追うごとになぜか皆様のご滞在時間も伸びております。生地のチョイスに長時間かける方もいらっしゃれば、生地はササッと決めてその後のおしゃべりに3~4時間という方もいらっしゃいます。いつもいつも何をそんなに話しているのかと思い返してみますと話題は政治経済や文化的なこと、趣味やプライベートなこと等様々なのですが(お若い方ですと人生相談とかあらぬ方向に向かうこともございますけど・・・)、ただ一つ共通しているのは皆様の語り口調でしょうか。淡々とされていて物静かな方が多い印象がほとんどでございます。威張ったり騒々しく話される方はほとんどいらっしゃいません。本来は私が皆様に様々な情報などをご提供する側の立場のはずなのですが、なぜかいつもいろいろと与えてもらってばかりいる気が致します。皆様冷静に社会の動きをご覧になりながらも目標とか理想つまり夢みたいなものを持っていらっしゃる方が多いようにも感じております。やはり大事なのは夢を持って自分を昂ぶらせると申しますか自分で自分を動機づけすることなのかなと思います。どうも私は現実的過ぎますし物質的過ぎるようなところもありますので皆様ともっと心が通じ合えるようにこの一年努めてまいりたいと思います。』

 

『この中でも今回は特にバルコンオリジナルに関してご案内させて頂きます。つい先日もお得意様に開口一番「最近カノニコやゼニアがメインみたいだけどオリジナルはダメなのか?」と聞かれ私反省致しました。オリジナルはダメどころかこの価格帯ではとても高いクオリティを実現していると自負致しております。実際カノニコやゼニアをお仕立て頂いております皆様にもオリジナルをお仕立て頂いておりますし、皆様にご来店頂きました際も私必ず「今日はどれにしましょうか」とまずオリジナル・カノニコ・ゼニアの3つをテーブルにお出し致します。ただ数量で申しますとどうしてもカノニコやゼニアが上回ってしまうためご提案が後回しになってしまいます。今後はオリジナルももう少し積極的にアピールさせて頂きたいと思います。あともう一つだけ司法書士のお得意様と私の先日の会話をご紹介させて頂きます。「この前のゼニアは素晴らしかったよ。今日は一番リーズナブルなの見せてくれる?」「今回はどのようなご用途ですか?」「自転車で近隣を回るのに耐久性が高いのが欲しいんだよ」皆様TPOに応じて上手く生地を使い分けておられる印象でございます。今後もオリジナルのクオリティにはこだわってまいりますのでどうぞご安心下さいませ。』

 

『オーダーコート・・・ 昨年も春までご注文を頂いていた記憶がございます。一番人気のスタイルは都会的で洗練されていて華麗なロングのチェスターコートでございますが最近はトレンドのショート丈も増えてきております。また素材は定番のウールに加えカシミア100%も人気のため只今カラーを大幅に充実できるよう手配中でございます。まだまだご注文を承らせて頂いておりますのでご希望がございましたらお申し付け下さいませ。』
『レディーススーツ・・・ビジネス用やフォーマル用のご注文ばかり頂いておりましたが今月初めてリクルート用のご注文も頂戴致しました。パターンオーダーのためメンズのようなデザインやサイズのアレンジはできませんがその分メンズよりリーズナブルにご提案させて頂いております。レディーススタート後、半年間の人気の3ブランドをご提案させて頂きます。』

 

『バルベリス カノニコ・・・現在のクラッシック回帰の流れを象徴している柄の一つがグレンチェックでございますがカノニコは以前からチェック柄がバラエティに富んでおり英国調のトレンドにも見事にマッチ致しております。大胆でありながらも計算された色柄使いや艶とシックさのさじ加減が見事だと感じさせます。「ゼニアでなくともカノニコで十分だよ」とおっしゃる方が多いのも頷けてしまうのでございます。(でもゼニアもとても良いですよ) スーツにちょっとしたドレス感が欲しい時、控え目ながらもセンスをアピールしたい時などにもカノニコは最適な選択肢の一つとなりそうです。エレガントに着こなして頂きますと2~3割印象がアップするのも間違いなさそうです。またジャケパンスタイルでの着用機会が多い皆様にもカノニコはとても人気がございます。あらたまり過ぎずでもビジネスとしてのドレスアップ感も必要な時などいかに上品に知的に自分を演出できるかセンスが問われます。スーツではチョイスしないカラーや柄を積極的に取り入れても程よい素材感でバランスよく綺麗にまとまることが多いのでワントーンにならずに済み新たなご自分を発見できるかもしれません。』

 

『エルメネジルド ゼニア・・・今回は皆様からのお声をなるべくそのままご紹介させて頂きます。
「会社では立場上フラストレーションやトラブルを抱えることも多いけどゼニアのスーツに袖を通すと背筋が伸びるよ。顔つきも引き締まるしね。今までのスーツではここまでポジティブにはなれなかったね。」おっしゃる通りなのだと思います。ヨレヨレのスーツに袖を通してもあまり気分は変わりませんがクオリティの高いスーツは瞬時に自分を変えられるものの一つなのだと思います。続きましてもうお一方お若いお客様です。「ゼニアを着ていると会合やパーティーでよくどこのブランド?と聞かれるんです。周りもみんな自然と笑顔になるし。このプレミアム感はすごいですね。」スーツに対する関心の低さも取り沙汰されておりますが魅力的なものはやはりどうやっても魅力的なのだと思います。ゼニアのスーツは単に仕事着としてだけでなくそこから何かを得られるものなのかもしれません。皆様のお言葉からスーツの果たす役割は何なのか改めて考えさせられております。またお問い合わせの多い春夏物のゼニアサンプルでございますがあと2週間ほどでフルラインナップする予定でございます。現在はWebでも掲載させて頂いておりますとてもリーズナブルな反物買いの秋冬物トロフェオの最終のご注文を承らせて頂いております。お手紙が届く頃には完売になっているかもしれませんがご興味がございましたらご検討下さいませ。Webのトップページに掲載させて頂いております。』

 

 

 

 

 

2014年12月のラブレターからの抜粋

 

『今年最初のお便りで私は「本年は心の豊かさにフォーカスしてまいります」と書かせて頂きました。そこで12月に入りましてから今年ご注文を頂いた皆様にズバリ「スーツを新調して頂いてほんの少しでも心が豊かになりましたでしょうか」とお聞き致しているのですが、現在のところありがたいことに「前向きに」「目標を持って」「人とのつながりを大切に」「自分らしく」といったお言葉を頂戴致しております。おいしいものを食べた時に素直においしいと感じるように良いスーツを着用している時には自然と笑みがこぼれるような魅力的な素材を微力ながらご提案できたのかなと手前味噌ではございますがほんの少しだけ感じております。』

 

『さて近頃はビジネスカジュアルに代表されるようにいつでもどこでも普段着のようなフレンドリーな格好でいらっしゃる方も増えているようでございます。親しみが持てて良いとは思いますがやはりファッションにもTPOはございます。私もごくたまにしか訪れませんがいわゆる一流と言われるようなレストランではジャケット着用はマナーだと思われますが時としてなぜか砕けた格好で入店される方に出くわすこともございます。お店側の判断なのだと思いますが周りの人たちからは間違いなくひんしゅくの目で見られているように私には思えます。やはり周囲に対する配慮は必要なのだと感じます。同様にビジネスの現場でもあまり砕けた格好はどうかと思うこともあります。もちろんビジネスとファッションの関係には様々な見解があるとは思いますのであくまで私個人の見解なのでございますが、その道のプロフェッショナルとしてのイメージと申しますかプロとしてのイメージ付けと申しますかやはり周囲の目を意識して洗練されたイメージや信頼感を醸し出すことが必要な場面もあるのではと思われます。』

 

『私が皆様にご提案できると致しますと「ブランドのネームバリューに惑わされずご自身でその生地のクオリティを人に説明できるか」とか「ブランドタグを外しても自信を持って着用していられるか」といったことでしょうか。よくクオリティの分からないものは購入しない方が賢明ですしスタッフなど店員で決めてもいけません。基本的には日々着用するための消耗品ですからコストパフォーマンスも重視すべきです。欲しいという感情はコントロールしにくいですがクオリティの高いものを選んだら結果的にこのブランドだったという方が間違いは少ないかもしれませんね。』

 

『さてここからは私共独自のお取扱いブランドのご提案でございます。まずは数あるブランドの中でも人気NO.1の【エルメネジルド ゼニア】でございます。毎回各レーベルの特徴をご案内させて頂いておりますので今回はこの一年実際にどのレーベルがどのくらい人気があったのかをデータで示させて頂きます。まず圧倒的な人気NO.1が「トロフェオ」でございまして私共のゼニア全受注数のおよそ○%を占めます。昨年は「トラベラー」が人気NO.1だったのですが今年の春頃からご注文がトロフェオに集中致しております。これは店内の見本スーツをご試着して頂くようになったのが要因かもしれません。私も「ご試着してみますか」などと言って皆様にご試着頂くのですがあまりにも柔らかく光沢が凄いのでどなたにでもそのクオリティが分かりやすく言葉で説明する必要がほとんどないのでございます。ほどなく皆様より「これにしようかな」というお言葉を頂戴してしまいます。そして人気NO.2は「ジャケット」でございまして全体のおよそ○%ほどでございます。厳密にはジャケットにも各々レーベルがあるのですがジャケットはカラーや柄でセレクトされる傾向が強いため一括りにさせて頂いております。「スーツは必要ないけどジャケパンは欲しい」とおっしゃられる方が予想以上に多かったのだと思われます。こんなに人気なのにご案内しておらず申し訳ございませんでした。人気NO.3は「クインディッチ」で全体のおよそ○%でございます。特に濃紺と黒の無地が人気で一着目からクインディッチの方も数多くいらっしゃいます。最高レーベルのため取扱いに気を使うようかと思われがちなのですが実際に着用されている皆様からは「トロフェオみたいに着られるね」とか「シワからの回復力が凄いよね」など普段使いされている感想が聞かれます。
今月は私共で人気NO.1のトロフェオのクオリティをご体感頂くために数量限定でとてもリーズナブルな生地をご用意させて頂きました。ただたくさんはご用意できないため大変失礼ではございますが「ぜひトロフェオのクオリティを堪能してみたい」とお考えの皆様のみにご注文頂けましたらと存じます。』

 

『最後でございますが先月はいつにも増して多くのご家族様やご友人様をご紹介頂きました。ここまでご紹介頂けたのはおそらく初めてだと思います。本当にありがとうございます。この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。ご紹介券も作らず御礼の品もご用意致しておりませんが皆様口々に「そんなことはいいんだよ」とおっしゃられます。「紹介までビジネスにしなくていいよ」とか「紹介したければするししたくなければしないからさ」ともおっしゃられ本当に私何もせず皆様のお言葉に甘えております。かくなるうえはプライスやより良いご提案でご恩返しさせて頂こうかと考えておりますが、よくよく皆様のお言葉に想いを馳せますとどうも最近ビジネスの本質とは要領のいいテクニックとは正反対のところにあるような気が致しております。現代は効率が美徳であるかのような風潮もあり成果が上がらないとすぐに諦めてしまうことも少なくないようでございますが私はそんなに器用な人間でもないので非効率でもコツコツ根気強くやっていこうと思います。「欲しいと思っていなかったのに欲しくなった!」とか「必要だと感じていなかったのに必要になってしまった!」などのお言葉を伺いますとあまり難しく考えないで一つ一つ丁寧にご提案していくことが一番大切なのかなと思います。私はやはりハウツーや奇手奇策に走るのではなく地道にマネジメントする方が性に合っているようでございます。これからも自分の目の前にあることにきちんと目を向け目の前にあることに打ち込んでまいりたいと思います。』

 

 

 

 

 

 

 

2014年11月のラブレターからの抜粋

 

『さて先々月号で「私まだスマホを持っていなくて」と申し上げましたところ多くの皆様から「子供も持ちたがるしそろそろスマホも知っておかないと・・・」とアドバイスされました。そこで家電製品を見に行った際携帯電話の売り場を覗き込んでおりましたらスタッフの方が説明をしてくれました。でも私には料金の仕組みが複雑で「本体価格¥0」とか「キャッシュバック」など話がエスカレートしてまいりますと「その原資は一体どこからきているのだろう」などど考えてしまいます。さらにオプションの説明でレ点販売(オプション当初1か月無料等□にレ点を入れる)の書類を見せられますと「こんな人を惑わすようなことをしないで本当に必要な人に必要な機能を販売すればいいのに」なんて思ってしまいます。スタッフの方も一生懸命だったので申し訳なかったのですが数字がたくさん出てきて本質は全く分かりませんでした。もう少し分かりやすい方が私にはありがたいですし魅力も感じそうです。結局分からずじまいでトボトボ帰ってきました。
その後私も思うところがあり今シーズンのキーワードを「しない」に致しました。「ブランドを増やさない」「コストのかかることはしない」「他店を意識しない」「オーダースーツ関連以外は取り扱わない」「ポイントカードは扱わない」etcでございましてシンプルに専門化した方がクオリティも上がりやすいですし何をするのも明確になると考えたからです。なので今回のご案内もいつにも増してシンプルでございますが何卒ご了承下さいませ!

いつも私のお勧めブランドがメインのご案内でございますので今回は「バルコンチェーンのブランドフェア」を一番初めにご案内させて頂きます。光沢を称えた上質な生地で体に合うように仕立てられたスーツを着こなしておりますと初対面の相手にもその品格ある姿から純粋に美しい人という印象を持ってもらえそうです。言葉遣いも自然と美しくなり装いと言葉とが互いの印象を高めあうそんなブランドのご案内でございます。』

 

『バルコンオリジナル・・・スーツ・フォーマル・ジャケット・コートに最適!

巷ではショッピングモールなどで販売されている格安スーツも人気のようでございます。リーズナブルなのは良いことだと思うのですが問題は価格を重視しすぎるあまり生地の質や縫製を大幅に落とし見栄えを良くしてあるだけのものが散見されることです。皆様とお話ししておりましても「クリーニングにはあまり出さない方が良いと他店で買った時に言われたんだけど本当?」などとお聞きしますと私も何と申し上げれば良いのか他店の批判にならないように言葉を選びながらご説明します。私共ではスタンダードなオリジナルでも生地はもちろんのこと縫製や芯地袋地等の付属品にも末永く着用頂けるものしかお取扱は致しません。今後もそういうプライドだけは持ち続けたいと思います。

P.S.【ミユキテックス】・・・スーツに最適!
私共はミユキホールディングスの一員でございますのでミユキテックスもオリジナルと言えばオリジナルでございます。国産最高峰のオーダースーツ生地がどこよりもリーズナブルでございます。今シーズンは「撥水・光沢・ストレッチ」等の加工が施されたコレクションを21.600円引きでご提案させて頂いております。国産の上質な生地がお好きな皆様にお勧めでございます。』

 

『バルベリス カノニコ・・・スーツ・フォーマル・ジャケット・コート・レディースに最適!
私共の3本柱の2つ目のブランドがこのカノニコでございます。ゼニア・ロロピアーナと並ぶイタリア(と申しますか世界)の3大ミル「織元」の一つでございましてイギリスの3大ミル「ローバック・リードテーラー・テーラーロッジ」と比較致しましてもコストパフォーマンスはずば抜けております。あまりの艶やかさにお仕立て上り品を撮っていて私もたまにゼニアと間違えます。厳密には原毛のランクがゼニアには及びませんので価格帯は異なるのですが「ゼニアはまだちょっと」という皆様にもとても人気でございます。フォルムもクラシコイタリア系のシャープなタイプが人気で丸い肩先・薄めのパット・細いラペル・高めのウエストライン・ノータック・ショートレングスなどが特徴でございます。ズバリ痩せて見えます!また生地のウエイトも260g前後(メーター当たりの理論値)が主流で真夏を除きかなり長い期間着用して頂けます。ご自分に自信を持って生き生きとした毎日を送りたい皆様にもお勧めでございます。

P.S.【トレーニョ】・・・スーツに最適!
カノニコに似ておりますがカノニコよりもさらにリーズナブルでございます。あくまで個人的な見解なのですが巷のブランド品には何となくそれっぽい国の名称とブランド名が付いているからと手を出しますと全くクオリティが伴っていないものも数多く存在します。私もお勧めしたくないものをご提案しますと心が汚れますがこのトレーニョは自信を持ってお勧めできます。超一流ブランドに生地を提供してきた実績ある織元ブランドでございます。一見の価値ありでございます』
『エルメネジルド ゼニア・・・スーツ・フォーマル・ジャケット・コート・レディースに最適!

今回私そもそもなぜ皆様にゼニアをご提案しお買い求め頂いているのか考えてみました。すると全ての始まりは「皆様にもぜひ着用して頂きたい」でございました。このブランドの深みのある光沢は見る者を魅了します。もちろん着用して頂くご本人様にはさらに異次元の着心地をご体感して頂けます。ゴチャゴチャご説明させて頂く必要はなく見本スーツをご試着頂くだけでほとんどの方にその圧倒的なクオリティ実感して頂けます。ただゼニアコレクションは正規品・並行輸入品・既製品に加えなんとコピー品まで存在し、また各レーベルにより生地の特徴も大きく異なります。私がいつもメインにご提案させて頂いておりますレーベルは「トロフェオ」というレーベルでございまして実際私共でもダントツの人気なのでございますが、例えばデスクワークの多い税理士さんや司法書士さんなどはシワになりにくい「エレクタ」も好まれますし学会発表など人前に立たれる機会が多い教授などはさらに艶やかな「クインディッチミルミル」も好まれます。お買い求め頂くご年齢層も最近はファッションに興味のある20代の方や現役バリバリの60代の方も多く30代半ばから50代半ばがメインだった昨年と比べましても随分と変化致しております。これはご職業が開業されている方よりもお勤めの方がメインだからかもしれません。敢えてゼニアに関する問題点を挙げると致しますと皆様スーツだけが極上という訳にはいかないようでございまして「靴を買い直したよ」「ゼニアのネクタイを買ってきたよ」などに加えシャツ・カフス・ベルト・財布・バックそして時計さらには車までトータルにオシャレに目覚めてしまわれる方が出てきてしまうことでしょうか。「お前がゼニアを教えなければ良かったんだ」なんて筋違いのお叱りを受けることもしばしば・・・。 でも皆様何だか楽しそうでございます。』

 

『今回のご案内は以上でございます。最近はおかげ様でお若い方にもたくさんご来店頂けるようになったのですが皆様「ゼニアが欲しくて残業を頑張ってきました!」とか「今回は残業代が結構付きそうだから・・・」など嬉しそうにお話をして下さいます。ただ新聞や経済誌等を読んでおりますとこれからは働いた時間の長さに応じて賃金が支払われることが当たり前ではなくなるかもしれませんね。確かに今までの仕組みは時間に比例して成果が出る職業を前提に作られていたのだと思います。一方で時間をかけた分だけ成果が出る訳ではない専門的・技術的な職種の皆様とお話をしておりますとこうした流れも不可避なのかもしれないとも感じます。私も成果に基づく賃金の支払い方はあっていいと思うのですが、ただもし残業代が支払われないで長時間労働となるとこれもまた問題です。でもそもそも残業代と長時間労働を一緒に考えるからややこしくなるのであって賃金は賃金でお金の問題として、時間は時間として健康上の問題も含めて考えるべきなのではなんて素人ながらに思ってしまいます。いずれに致しましてもよく議論した上で導入しないと問題が噴出するかもしれませんね。』

 

『最後に御礼でございます。今年はご家族様・ご友人様をご紹介頂いたりホームページをご覧頂いてご来店頂いたりご新規の皆様のご注文もとても多く心より感謝申し上げます。おかげ様でご紹介によりご来店頂いております皆様は初めから心を開いて下さる方が多いため1着目から生地もフォルムも理想に近い状態で仕上がることが多いです。やはり「探り」ながらの接客と「信用」が前提にある接客とではコミュニケーションの深さが違うのだと感じます。なのでホームページでもなるべく無駄と思えるものでも情報開示するよう心がけております。「文字ばかり」と批判されております私の素人ホームページも「全部読んだよ」とおっしゃってご来店して下さるご新規の皆様はご紹介頂いてご来店下さる皆様同様に最初からフレンドリーな方が多い印象でございます。私も「全部読んで下さった」という感謝の気持ちが根底にございますし当店のコンセプトなどもご理解頂けておりますためお話致しておりましてもご新規という感じはほとんどしません。でも実はデジタルは大の苦手で(なのでこんなホームページなのですが) ソフトも「ワードプレス」という至極簡単な形式で元を作ってもらっておりますため最近は慣れもありホームページの内容も少し丁寧さに欠けております。また私共の税理士さんからも「文言がくどい」と言われておりますので新しいサイトを作ることも検討致しております。もし新しいサイトが立ち上がりましたらその節はどうぞよろしくお願い申し上げます。今月も皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。』

 

 

 

 

 

 

2014年10月のラブレターからの抜粋

 

『さて 先日久しぶりに電車に乗ったのですが、朝7時のプラットホームでヨレヨレのくたびれたスーツを着ている人を見て正直「これから1日仕事をするのに何だか寂しいな」と感じてしまいました。自分の仕事に誇りを持つには身だしなみに気を遣うことも大切なのではとも思います。でも良い素材のスーツを着用することに経済的な裏付け(経済合理性?)はあるのでしょうか。 私はおそらくあるのだと思います。
毎日接客をさせて頂きながら社会の動きを皆様に伺っておりますといわゆる一流と言われる皆様はその道のプロフェッショナルとして仕事をしているという自負がありますから、自分を支えてくれるスーツにも間違いない物を選んでいるように感じます。一流になればなるほどご自分のスーツに誇りを持っているのだとも感じます。事実世界でもトップクラスの生地はスーツの存在自体に美しさがあります。それはもうアートの世界です。もちろん所有満足感も高いのだと思いますが皆様スーツをまるで宝物を扱うように大切に扱われます。だからこそいつも凛としていらっしゃるのだと思います。昔から「服装は人格の一部」「人は見た目が9割」とも言われますが単純に着用するだけではなく着用そのものを楽しむ。まさに着用自体が目的になっているようにも思えます。そして身だしなみに気を遣われている皆様は言葉遣いもとても丁寧なように感じます。』

『また最近「横浜NOの車がよく停まっているけどなんで?」と聞かれるのですが、確かになぜか横浜方面からご来店頂く皆様も多いのです。私も横浜からご来店頂く皆様にお聞きしているのですが「たまたまじゃないの」とか「そうなの?」なんて言われるだけで埼玉までお越し頂く明確な理由は現在のところ分かっておりません・・・。それよりも「思ったよりも田舎だね」とか「のどかだね」なんてお聞きしますと否応なくここは地方なのだと認識させられます。「何にもないんだね」などと伺いますと地方は疲弊というより実は崩壊寸前なのではと感じることもあります。これからは地方も活性化しようという考えは捨ててもう淘汰されているんだと考えてリスタートしないといけない時期にきているのかもしれません。巷では地方の再生などと抽象的なことを掲げる人も多いようですが実際に具体的で実行力のある施策を掲げてくれる人はほとんどいないようにも感じます。私共でも心配して下さる皆様から「これからはビジネスカジュアルだよ」とか「クールビズを強化した方がいいよ」などの助言を頂くこともあります。でも私はシンプルに皆様がワクワクして欲しくなってしまう魅力ある生地をご提案をしていきたいと思います。いろいろ考えることも大切だとは思うのですがやはり魅力あるスーツで皆様に喜んで頂けないと次がないと思うのです。根本にあるのは皆様の心を侘びしくするのではなく豊かにしたい。スーツを通じて安らぎと活力をご提供したいとの想いです。今後も金銭を超えた人と人との結びつきも大切に頑張ってまいりたいと思います。

それでは今月のご提案でございます。先月のご案内で今シーズンよりお取り扱いブランドを4つ追加致しましてご提案させて頂いておりましたところ生地のセレクト時、選択肢が多すぎて思考停止になってしまわれる方が続出してしまいました。かくいう私にも情報負荷がかかりすぎていて結局何をお勧めするべきなのかはっきりせずお叱りを受けることもございました。やはり今後はいたずらにブランドを拡大するのではなくよりよいご提案ができるジャンルでもっと丁寧に掘り下げてまいりたいと思います。最近はモノや情報の動きがめまぐるしく変化のスピードも速いため冷静に足下を見つめていないといけないと再認識致しました。』

 

『バルベリス カノニコ・・・もう中途半端なもので失敗したくない皆様へ』
シルキーな光沢・柔らかな着用感。カノニコの上級レーベルはヒューゴボス・ラルフローレン・バーバリー・ポールスミスなど名だたる高級ブランドが生地を採用していることからもそのクオリティの高さが証明されております。ただカノニコには「カノニコジャパン」が存在しないためカノニコの表示だけで中級・下級レーベルのものを掴んでしまわれると失望してしまいます。私共は運良くなかなか入手できない貴重な上級レーベルのサンプルブックを2冊ご用意させて頂いております。ゆっくりとじっくりとたくさんのサンプルの中からお好みの生地をセレクトして頂けます。当店人気NO.2でございます。

『エルメネジルド ゼニア・・・スーツの世界NO.1を着用したい皆様へ』
この1年私共では「ゼニア中毒」になられる方々が続出してしまいました。特に人気NO.1 レーベルの「トロフェオ」を着用された方からは「他のスーツが着られなくなった」「今までのスーツを全部捨てた」などのお言葉がよく聞かれます。ただこれはオーバーな表現でも何でもなくトロフェオは確かにそれだけのクオリティを間違いなく有しているのでございます。またご注文頂く方々のご年齢層もよく聞かれるのですが、今までは30代半ば~50代半ば位の皆様が中心でした。ところが今シーズンは明らかに20代の皆様も増えております。ファッション誌の影響や憧れ・ステイタス・所有満足感など感性に響く部分が多いこともお若い皆様を引きつける大きな要因なのかと思われます。先月は「エレクタ(完売)」そして今月は「トロフェオ」に数量限定で当店割引価格よりさらにリーズナブルなプライスの特別ご提供品をご提案させて頂いております。詳しくはホームページをご覧頂ければと存じますが、今回も確実に品切になりそうでございますのでご検討頂けます場合はお早めにご来店頂ければと思います。人気のレーベルのみプライスを記載させて頂きます。

 

 

『チェスターコート・・・Wチェスターのご注文が9割以上でございます』
昨シーズンは準備不足でご迷惑をおかけ致しましたので今シーズンは準備万端のはずだったのですが、予想を上回る早さ(1着目のご注文はなんと7/1)でご注文を頂きはじめてしまったため既にパンク状態でございます。もう少しでWチェスターの見本コートも出来上がってまいりますので実際にご試着頂いてそのフォルムをお確かめ頂けます。コートは縫製ラインがスーツとは異なりますため混んでしまうと納期が1ヶ月以上かかる場合も多々ございます。昨シーズンもいよいよ寒くなってからご来店頂いた皆様から「出来上がりまでそんなにかかるんじゃあ着る時期がないじゃないか!」と叱られましたのでお早めのご案内をさせて頂いております。ご検討頂けます場合はお早めにご来店頂けますと幸いでございます。

 

『礼服・・・ブラックスーツも増えております』
夜6時までの「正礼装がモーニング」「準礼装がディレクターズスーツ」「略礼装がダークスーツ」
夜6時からの「正礼装が燕尾服(タキシードも)」「準礼装がタキシード」「略礼装がダークスーツ」
でございましてこの略礼装用に日本で一般的だったのが真っ黒な略礼服でございます。ただ最近年に数回の着用ではもったいないからと通常の黒無地のスーツ生地でブラックスーツをお作り頂く皆様も増えてまいりました。注意するべき点もございますのでご来店時にご説明させて頂ければと思います。

 

『レディースオーダースーツ・・・こんなにご来店頂けるとは思ってもみませんでした』
先月中旬に新規お取り扱いをスタートさせて頂きまして1ヶ月が経ちましたが予想以上に多くの皆様にお越し頂き大変感謝致しております。礼服代わりのブラックスーツやベスト付きの3ピース、パンツとスカートのセットなど当初予想していなかったご注文も多いです。パターンオーダーのためシンプルなデザインのみでございますがフォルムが美しいためかなりお勧めでございます。

 

 

 

 

 

2014年9月のラブレターからの抜粋

 

『さわやかな秋風が吹く季節となりましたが皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。このお便りも6月以来3ヶ月ぶりのお届けでございます。例年7・8月はのんびりさせて頂くのですが、今年はおかげ様で忙しくさせて頂きラブレターをお送りするのをサボってしまいました。毎回同じようなご提案しかできておりませんがそれでも「今月はどうした」などと言われますと読んで頂けているのだと少しホッと致します。拙いご案内でございますが今後もできる限りお送りさせて頂ければと思います。

ところで私、webは実のところ苦手でございまして恥ずかしながらケイタイもスマホではありません。しかし好むと好まざるとに関わらず現代はビジネスでも私生活でもネット社会に放り込まれてしまいます。周囲を見渡してみましても通勤電車でスマホに没頭し、会社ではメールや検索、帰宅してからもネットという方も少なくないようでございます。私の場合はパソコンに向かっておりますと確かに仕事をしたような気になるのですが、本質的な仕事ができているのか疑問に思うことも多くやはり自分の頭で考えることをしないとビジネスの現場では通用しないような気がすることもあります。現場で五感をフル活用し生身の世界で心を動かしておりますと対人関係も少しは磨かれるのかなとも思います。
webに限らずとも最近はすごいスピードで便利な世の中になっているなと感じることも多くなりましたが、一方でたまに乗る電車でも公共心よりも個人の自由が巾を利かせ、他人とは没交渉な方々を見ますと豊かさとは何だろうと考えてしまうこともあります。相手を慮る心の余裕も常に持ち合わせていたいと思います。』

 

『それでは本題でございます。まず今シーズンはクラッシックモダンな英国調がトレンドとなりそうです。例えばカラーを申し上げますと「ミッドナイトネイビー」「グレー」などが挙げられ、柄は「チェック」がトレンドをリード。生地は「フランネル」など表面感のある素材が人気となりそうでございます。そしてコーディネートのポイントは「足し算」ではなく「引き算」。シンプルにセンス良くコーディネートして頂ければと思います!サイズにつきましてもジャケット丈や肩幅をはじめとするサイズバランスは最大の注意点でございます。肩幅はぴったりジャストサイズでパットはなるべく薄く。ウエストラインは適度に絞り体のラインが出るように。袖はシャツが1㎝位は出るようにするのがお勧めです。
偉そうに書かせて頂きましたが最近はおかげさまでトレンドに敏感な方のご来店も増えておりますためトレンドの傾向も書くように言われているのでございます・・・。今後も最新のトレンドをどんどんご提案してまいりたいと思います。』

 

『続きましては「チェスターコート」でございます。昨シーズン私共ではチェスターコートがなぜか大人気となりました。最初にたまたまお仕立て頂いた方のお仕上り品を見た方が「これ良いね!」とご注文して下さり、そのお仕立て上り品を見た方がまたご注文して下さりという状況が続いた結果気がついた時には結構なご注文を頂いておりました。当初はシングルチェスターが中心だったのですが途中からダブルチェスターが多くなり、結果的にはダブルチェスターの比率が7割以上でございました。只今見本用のダブルチェスターコートを発注致しておりますが、実は今月初めには既にお客様のダブルチェスターコートをご納品させて頂いております。(ご注文はなんと8月上旬でございます!) また数量限定のカシミア100%もカラーによっては完全品切となっております。コートはお仕立てに1ヶ月以上の納期がかかりますので少しお早めにご検討頂けますと幸いでございます。

ここからはスーツのご提案でございます。昨シーズンは納期が最大で2ヶ月近くかかってしまい大変ご迷惑をおかけ致しまして誠に申し訳ございませんでした。原因は自社工場の縫製能力をオーバーする受注を承っているからなのでございますが、今シーズンも正直に申し上げまして同じようなことにならないとは言い切れません。只今ご注文頂いております皆様の納期は3週間ほどでございますので、誠に勝手ではございますがスーツもご検討頂けます場合は少しだけお早めにご来店頂けますと幸いでございます。』

 

『トレーニョ』 (織り元ブランド)
今シーズンより新規お取り扱いをスタート致しました。どなた様でもご存じと思われる某有名ブランドの生地供給元ブランドでございます。(守秘義務があって通常生地の織元は不明なのですがなぜかワタクシ結構正確な情報を入手しております) 生地の特徴と致しましてはカノニコにかなり近い艶々な光沢としなやかな手触りが挙げられます。特に茶系はカラーの表現が上手く既にお若い皆様を中心に結構セレクトされております。生地の奥行きは十分ございますのですぐに品切れにはならないと思われますが、茶系に関しましては少しだけ品切にお気を付け下さいませ。
スーツお仕立て上り 税込65.000円~

『カノニコ』 (織り元ブランド)
私共ではゼニアと並びダントツの人気ブランドでございます。ヒューゴボス・ポールスミス・バーバリー・ラルフローレンetc一流ブランドがこぞってカノニコに生地を提供してもらっていることからもそのクオリティーの高さは証明されているかと思われます。プライスも市場価格の半額以下でございますのでリーズナブルにハイクオリティーな生地を堪能して頂けます。生地サンプルもかなり豊富にご用意させて頂いておりますので皆様お好みの生地に出会えるかもしれません。
スーツお仕立て上り 税込75.000円~

『スキャバル』 (商社ブランド)
こちらも新規お取り扱いブランドでございます。先方より私共への取り扱い依頼がございましたのでじっくりと時間をかけて交渉致しました結果プライスをかなり抑えてご提案をさせて頂くことができました。スキャバルは商社ブランドでございますので自社では紡績をしておりませんが、その織り元は名こそ明かせませんが超一流でございます。スキャバルジャパンの艶々な生地サンプル帳が3冊も入荷致しておりますので楽しくてセレクトに時間がかかるかもしれません。
スーツお仕立て上り 税込95.000円~

『ロロピアーナ』 (織り元ブランド)
こちらも新規お取り扱いブランドなのですが今月何の前触れもなく入荷致しました。もちろんグリーンタグの正規品でございますが36色の生地限定入荷のため裏地とボタンのご用意がございません。ただプライスはとてもリーズナブルでございまして、正規ルートの今シーズンの新柄生地でこのプライスはかなり魅力的かと思われます。生地の奥行きはそれなりにありそうですが無くなり次第終了となりますので品切の際はご容赦くださいませ。
スーツお仕立て上り 税込115.000円~

『アリストン』 (商社ブランド)
今シーズン一番注目の新規お取り扱いブランドでございます。発表されております生地の織り元はなんとロロピアーナやカルロバルベラといった超一流ブランドで、自社ブランドで販売する他にキトンやアットリーニやイサイアといったスーパーブランドにも生地を提供致しております。(織り元にはかなり細かな指示書が届くそうで当然柄止めなど真似されないように十分対策されているようです) それでもあのゼニアがカラーや織りを参考にしているとまで噂されるほどのブランドでございます。私共が取り扱って良いのか少し考えさせられます。サンプル帳は6冊入荷致しておりますが来シーズンのお取り扱いは未定でございますのでご希望がございましたらこの機会にご検討頂ければと思います。
スーツお仕立て上り 税込115.000円~

『ゼニア』 (織り元ブランド)
ここ2シーズン私共で人気NO.1のブランドでございまして生地サンプルBookもフルラインナップ致しております。今シーズンの最大の特徴はエレクタやトロフェオに「ミルド」が加わったことでございます。起毛してあるため秋冬物らしい外観と実際に着用した際の適度なウエイトが好評でございます。また今月はエレクタに数量限定で110.000円~のサンプルもご用意させて頂きました。こちらは今回私のイチオシでございます。無くなり次第終了でございますのでご希望の場合はお早めにご来店くださいませ。
スーツお仕立て上り 税込125.000円~

 

『ご案内は以上でございます。最近はゆっくりとじっくりと生地や裏地などをセレクトされる皆様も多く、夏に4人掛けテーブルを一つ追加致しましたが、スペースが許せばもう一つ追加させて頂くかもしれません。(かなり遠方からご来店の方やゆっくりされる方ですと6時間位ご滞在されることもございます・・・。)
また今シーズンはお取り扱いブランドが一気に増えておりますが(実は只今ドーメルも打診されております)、来シーズンは今シーズンの様子を見ながら少し絞らせて頂くかもしれません。あまり手を広げすぎるよりも深く掘り下げてご提案させて頂きたいと考えているからでございます。皆様のご意見もお伺いさせて頂きながらゆっくりと足下を見つめながら歩んでまいりたいと思います。ご来店を心よりお待ち申し上げております。』

 

 

 

 

2014年8月のラブレターからの抜粋

とっても忙しくさせて頂き今月も出せませんでした・・・。スミマセン。

 

 

2014年7月のラブレターからの抜粋

とっても忙しくさせて頂き今月は出せませんでした・・・。スミマセン。

 

  

 

2014年6月のラブレターからの抜粋

 

『さて私共では今月に入りましてから小規模ではありますが店内の改装を始めております。ここ1年遠方よりご来店頂く方も多くまたゆっくりのんびりされる方も多くなっておりますため接客テーブルが3つでは足りなくなってまいりました。そこで撮影スペースを廃止致しましてまずは2人掛けのソファを2つと昇降式のテーブルを置いて接客テーブルを4つに致しました。このソファは少し使用してみまして評判が良ようでございましたらもう1セット増やして接客テーブルを5つにする予定でございます。また看板も少し変更を依頼し、1.5㍍四方の特注ポスターも5枚ほど店内とウインドに貼ってみました。これも皆様の評価をお聞きしながら随時追加してまいりたいと思います。そして秋からはレディーススーツもスタートする予定でございますので試着スペースも一つ増設致しました。さらにご要望の多かったコーヒー豆の種類も変更致しました。巷ではセブンイレブンの100円コーヒーが人気のようでございまして、私共のコーヒー専門店のこだわりのオリジナルブレンドでは「少し上品すぎる」とのお声も多かったためトレンドの味に変えてみました。ご滞在時間も長く何杯かお召し上がりになる方も多いためコーヒーの味には皆様シビアなのです!あとは「駐車場に車止めを付けて」とか「ファッション誌や子供向けの本も置いて」など細かなお声にもできる限り対応させて頂いております。』

 

『ところで最近私がいろいろなことにチャレンジしすぎているせいか「前と変わった?」とか「人が変わったのか?」などと聞かれることも多いのですが、正直申し上げまして特に何も変わってはいないのでございます。ただ派手なセールスプロポーションや売り込みのスキルを上げるのではなく心の豊かさや感動を大事にしたご提案を心がけるようここ2年、時代に見合った方法で私なりにささやかながらご提案の仕方は考えてまいりました。
高度経済成長期には物欲が高まり価格競争力や豊富な品揃えがポイントになったのかなと思いますが、私は90年代の半ば過ぎに社会人になった世代でございますので物が溢れかえり物質的な豊かさではなく心の豊かさを求めるよう消費が多様化していた時期だったのだと思います。
特にオーダースーツは不要不急の物ですから、皆様が着用された時どんな悩みが解決するのかどんな満足感を得られるのかよく考えるように心がけてはおります。
今では当店の看板商品でもありますゼニアの「クインディッチミルミル」などはパターンオーダーでさえも通常1着およそ50万円しますので、一見すると地方のオーダースーツショップでは扱いきれない商品だと感じるかもしれません。しかし常識を捨てて皆様に喜んで頂けることをそのまま実行すれば良いのだと考えお取り扱いをしておりますと徐々にご注文を頂く回数が増えてまいります。短期的な視点ではなくもう少し長い時間軸で考えるよう心がけておりますので、そう言う意味では一般のオーダースーツショップとは同じ土俵にいないのかもしれません。できる限りプライスを抑えて確かな商品をきちんとご提案したいという思いが根本にございます。
最近は礼儀作法や品格なども求められているのかなと感じる場面も増えてまいりました。すぐに身につくものでもなく、いかに常日頃が大切なのか痛感致しております。常に白紙になって学ぶ柔軟性や誤りを認めて改める素直さを忘れずに謙虚でいることが肝要なのだと感じております。時間はかかるかもしれませんが慌てずじっくりまいりたいと思います!』

 

『それでは今月のご提案でございます。まずはクールビズ関連からご案内させて頂きます。

 

『スラックス』           スラックスお仕立て上り 税込12.420円→11.178円(10%OFF)
バルコンオリジナルのウール素材をご用意させて頂きました。ウール100%とポリエステル混紡がございます。どちらも耐久性を重視しておりますので気兼ねなくお履き頂けます。

 

『コットン(綿)パンツ』          パンツお仕立て上り 特別ご提供品 税込22.750円
人気NO.1 がイタリア・ミラノの「ラルスミアニ」でございまして素材はもとよりカラーも涼しげな色が人気です。特にトレンドのホワイト系が最も売れ筋で残り33色でございます。

 

『ジャケット』         ジャケットお仕立て上り 税込55.080円→42.250円(約23%OFF)
コットンパンツにも合わせやすいジャケットとして「カノニコ」のリネン(麻)&ウールの素材が一番人気でございます。清涼感を堪能できる素材でございまして残り5色です。

 

『オーダーシャツ』                  シャツお仕立て上り 税込8.640円~
素材は綿100%、衿はボタンダウン、カフスにローマ字筆記体で生地と同色のネームを刺繍し、ボタン素材にはシェル(蝶貝)をチョイスする仕様が最も人気でございます。

 

続きましてバルコンチェーンの《クリアランスセール》でございます。スーツ・ジャケットは20%OFF、パンツは10%OFFでございます。(カノニコ・ゼニア等一部商品は除きます)

 

『バルコンオリジナル』         スーツお仕立て上り 税込35.640円→30.240円(約15%OFF)
今回はウール100%とポリエステル45%混紡をご用意致しております。シワ対策や耐久性を重視するなどビジネス用に特化しております。残り23色でございます。

 

『バルコンオリジナル』         スーツお仕立て上り 税込42.120円→33.696円
こちらはポリエステル40%混紡のみのご案内でございます。やはりビジネス用に特化しておりますがウールのランクも上がりますので生地のしなやかさがグッと増します。残り20色でございます。

 

『バルコンオリジナル』         スーツお仕立て上り 税込52.920円→42.336円
ここからは全てウール100%のみとなります。実用性に加え生地の滑らかさや風合いなど着心地に直結する部分も重視しているオリジナルでは最高ランクの生地です。残り32色でございます。

 

『ナビリオーロ』            スーツお仕立て上り 税込63.720円→50.976円
スイスのブランドが開発した光線の吸収・発熱を抑えるナノテクを駆使した新素材でございます。生地の表面温度を5℃抑えると言われておりますので暑がりの方には最適です。残り7色でございます。

 

『ミユキテックス』           スーツお仕立て上り 税込74.520円→51.840円(約30%OFF)
ストレッチと光沢仕上げの評判がおかげ様でとても良いです。国産のクオリティの高い生地をご希望の皆様に特にオススメです。残り12色でございます。

 

『ミノバ』               スーツお仕立て上り 税込85.320円→68.256円
いわゆるオールシーズン用に近い生地でございまして7・8月を除く10ヶ月着られるように開発されております。とは申しましても冬は少し寒いかもしれません。残り10色でございます。

 

『タリアディ デルフィノ』       スーツお仕立て上り 税込96.120円→76.896円
スーパー表示で申し上げますと130sの極上の細い糸で織られておりますのでしなやかで柔らかく艶々で軽いです。チェック柄が人気です。残り14色でございます。

 

『ロロピアーナ』            スーツお仕立て上り 税込116.640円→93.312円
残りが2色しかございませんがご案内させて頂きます。最近品質と共に価格も急上昇しておりますのでこのプライスでのご案内はこれで最後となるかもしれません。品切れの際はご容赦下さいませ。

 

『ランバン』              スーツお仕立て上り 税込149.040円→119.232円
バルコンチェーンで常に、必ずご用意させて頂いているブランドでございます。数あるブランドの中でもそれだけ人気があるんです。残り7色でございます。

 

『ダンヒル』              スーツお仕立て上り 税込181.440円→145.152円
日本市場からの撤退が囁かれておりますのでご希望がございましたらこの機会にご検討下さいませ。秋冬物の入荷は未定です。残り9色でございます。

 

最後にクールビズが全く関係ない私共のお店の独自のお取り扱いブランドでございます。』

 

 

 

 

 

20145月のラブレターからの抜粋

 

『さておかげ様で最近はご紹介とホームページにより東京23区からも大変多くご来店頂けるようになりました。私は生まれも育ちも(自宅までも)入間なので、都心はどこかスマートで洗練されていて便利で正直うらやましく思っておりました。しかし皆様にお話を伺っておりますと「職場は忙しく勤務時間も長くて家庭を顧みる余裕もないよ」とか、奥様にも「仕事か出産か考え子供が生まれても頼れる人はいないし保育所も空きがなくて」などとお聞きしますと地方同様考えさせられることも多いのだと痛感しました。 また単身者の方にも都会は「確かにとても便利」なようですが日本の未来を考えますと東京一極集中ではなく地方も魅力を高めていかなければならないのではとも思います。地方には地方で「商圏人口の減少」とか「価格競争の激化」「市場規模の半減」などいろいろあるとは思うのですが、現状認識を間違えると解決策も間違えそうです。なので私は余計なことは考えずにシンプルに魅力あふれる生地やフォルムをご提案していくことに集中してまいります。』

 

『先日も皆様から「クローゼットにゼニアが並んでるのを見ると幸せって感じがするんだ」とか「カノニコの光沢は凄いですよ」などとお聞き致しまして、ビジネスは売買の結果の数字のためだけにあるのではなく喜んで頂けて良かったと思える瞬間のためにやっているのだと改めて感じました。ただ冷静に思い返してみまして私がやっていることと言えば、皆様のお話を丁寧に伺い、ご希望に近い生地をご提案して、ご一緒にフォルム・デザイン・オプションをセレクトして、じっくり採寸・体型補正をしているだけなのでございます・・・。しかし!ワタクシボケッとお話をしているだけと思われるかもしれませんが、これでも皆様がその生地のどんなところを気に入って下さったのかを考えるようにはしております。こういう色柄の生地がご希望なのか、この機能性の生地をご希望なのか、どういう用途でお召しになるのか、いろいろあると思いますのでそこをちゃんと理解してご提案しないとトンチンカンになってしまうこともあるからでございます。そういった意味では一見無意味に思える私の世間話もどこかで本題とつながっているのでございます。(言い訳ですけど・・・)

以前、年を重ねると一流ではなくても一人前にはなるのだと何かで読みました。そして一人前になってくると努力がいつも報われる訳ではないことも分かってきます。焦らず、たゆまず、期待せず、今回も肩の力を抜いてご提案させて頂きます!』

 

『続きまして私のオススメ商品でございます。』

「ネクタイ」 税込4.500円  都心部にございます「超」一流ホテルで販売されているネクタイでございます。私共でのプライスはおよそ半額の税込4.500円と格安のため常に品切れ状態でございますが、現在は全柄合計で50本ほど入荷致しております。(品切れの際はご容赦下さいませ。特にドット柄は半年ぶりの入荷です!) 次回の入荷は未定でございますのでお待ち頂いておりました皆様には秋冬シーズンの分も今回お求め頂ければと思います。とても美しいネクタイでございます。

「オーダーシャツ」 シャツお仕立て上り 税込8.640円~  最近は「シェル(蝶貝)ボタン」を付け「生地と同系のシルク糸でネームをカフスにローマ字筆記体で刺繍」される方がほとんどでございます 。 極めてオシャレに仕上がります。たた職人さんの一着縫いのため毎年これからの時期は納期が長くなる傾向がございますので少しお早めにご検討下さいませ。

 

『最後に私どものお店のメインブランドのご案内でございます。』

「これを着て落とせなかった女性は諦めて下さい」  エルメネジルド ゼニアでございます。実際にご注文頂く単身者の皆様から結構ワタクシご相談を受けているのでございます。お話を伺うことしかできませんが皆様自分に自信を持てるようになることだけは間違いないようです。洗練された印象にするためにピッタリとしたスマートなフォルムでお仕立てします。だらしなく見える最大の要因がサイズが大きいためだと考えているからです。 ゼニアが時間と労力を費やして精魂込めて織り上げた生地でございます。贅沢品と言われてしまえばそれまででございますが、語弊を恐れずに申し上げますと特にプライスというのはいい加減なもので、私も欲しいと思った物は少々高くても買いたくなりますし要らない物はどんなに安くても要りません。 昔から服装は人格の一部とも言われます。身だしなみの重要性を認識されておられます皆様に花言葉ならぬゼニア言葉を贈るとすればそれは「安らぎ」がふさわしいかと思われます。

 

「まだお忘れの方があるようでございます」  バルベリス カノニコ。毎日生き生きと仕事をするためには、そして今までの自分に新しいプラスアルファを加えるために何が必要かどうしたら良いのか、それに対する答えの一つがこのカノニコを着用することでございます。実際着用されている方からは「今までと全然違うね!」とおっしゃって頂くことも多いです。今シーズンはメンズファッションも鮮やかなカラーがトレンドでございます。この圧倒的に艶やかなカノニコの生地も発色に多くの手間をかけていたり、独自の技術を駆使したり背景には現場スタッフの多くの苦労があるのだと思います。そういうことに思いを馳せますと私が皆様にご提案させて頂いているのはカノニコに袖を通した後のワクワクした毎日なのかなと感じます。  やはり売れ筋は光沢感が抜群の紺やブルー系なのですが30才前後の皆様はマットなグレーも選ばれます。(これはまだお肌がキレイだからこそのチョイスだと思われますけど・・・。) 柄は素材の良さを生かした無地と2番人気のストライプに加え、やはりトレンドのチェックも多いです。まだこのクオリティを体感していない方はぜひ一度ご着用下さいませ。今着なくていつ着るのという生地でございます。

 

 

 

 

2014年4月のラブレターからの抜粋

 

『今回は何をご提案させて頂こうかじっくり考えました。私は心の豊かさを得られる消費をして頂きたいと常々考えておりますので、強迫観念のような「増税前セール」等は一切致しませんでした。その為か今月もありがたいことにいつもと何ら変わりなくご来店頂いておりますため、ご提案内容もそんなに代わり映えしていないかもしれません。
実は今回いま一度本質を見つめ直す良い機会なのではと考え今までの消費傾向を考えてみたのですが、1990年前後に高額商品の消費に傾き(私は高校生でしたが学校ではハンティングワールドのバックが流行っておりました)、最近のデフレ期は低価格志向に傾いていたようでございますが、ここのところ日本でも階層化が進んでいるようでございます。高価なブランド品を購入することで満足を得る方もいれば1円でも安く買って満足を得る方もいるのだと思います。ただいずれの場合でもプライスばかりにこだわっていてはあまり生産的ではないような気も致します。要は物質的すぎてはあまり良くないのかもしれません。
先日も家電量販店を訪れた際、店員さんとお客さんで値段の駆け引きをしている光景を目にしました。それが悪いとは思いませんが「他店より1円でも高かったら言って下さい」等と耳にすると「商品」ではなく「価格」を売っているのかなと感じてしまいます。一方で「こういう特徴があるからこれを購入するとこんなにいいことがありますよ」と説明されてワクワクしながら選んでいる方を見ると何だかとても楽しそうです。
私も心の豊かさを得られる消費をして頂きたいと考えておりますので、短期的な目先の売り上げの為のセールではなく中・長期的にご来店頂けるよう、お金では買えない皆様の信頼を裏切らないように心がけてまいります。世間では新商品を発売して需要を喚起する等騒がれておりますが今あるものをベースに合わないものは外して足りないものは付け加えてまいりたいと思います。
新聞などで発表されております四半期のGDPを見ましても年率換算で前年より金額ベースで10兆円も経済力が増しているようでございますのでよほどのマイナス成長にならない限りそんなに騒がなくてもいいような気も致します。(甘いかもしれませんが・・・) 』

 

『エルメネジルド ゼニア』

私どものメインブランドのため3%プライスダウンさせて頂きました。昨シーズンより「ゼニア中毒」になられる方が続出しておりまして、各レーベルの生地の違いをそれぞれ楽しまれたり、フォーマル用のブラックスーツやジャケット、そしてもコート揃えられたりと本当に中毒性のある世界一のブランドだと感じます。昨シーズン品切れ続出の「クールエフェクト」の見本スーツも飾っておりますのでそのウエイトの軽さも実感して頂けます。

 

『バルベリス カノニコ』

ゼニアに続くメインブランドのため同じく3%プライスダウンさせて頂きました。特にジャケットはゼニアを上回るほどの人気でございますので、グレーのストライプのスーツ見本と一緒に一番人気のブルー系のジャケット見本も展示させて頂いております。

 

『アルフレッド ダンヒル』

キャリアを重ねた大人の男性は体型や雰囲気も若かりし頃とは変わります。敢えて最先端・最新を追わずトレンドをアピールするのでもなく、傍らでそっと寄り添うような余裕を醸し出している生地と申し上げますと伝わりますでしょうか。

 

『ラルスミアニ』

イタリア・ミラノのブランドで色鮮やかなコットン生地が40色入荷致しております。流行の発信地である都市部やファッション誌で先端のファッションを見て、トレンドの先端を感じてご来店される方にも人気のカラー展開をしております。』

 

『さておかげさまで今月でホームページ開設後丸1年が経過致しました。当初はこんなにご来店頂けるとは思ってもみませんでした。ご紹介や口コミによりご来店頂いております皆様と合わせますと毎月本当に多くのご新規の皆様にご来店頂いておりまして大変感謝申し上げます。
トレンドを追われている方もいらっしゃれば品質第一でデザインなどはどうでもいいという方もいらっしゃいます。とにかく価格重視という方もいらっしゃいます。もの凄く多様化しておりますがお得意様の皆様も含めまして一つ共通しているのはご滞在時間の長さです。片道2時間以上かけて車や電車でご来店頂く皆様も多いためゆっくりして頂こうと心がけておりますが、ボタン・裏地オプション等をセレクトできるN仕立てが増えたこと、ゼニアの正規ルートサンプルのフルラインナップ等魅力的な生地が増えたこと、シャープなフォルムが増えより採寸に時間がかかるようになったこと等様々な要因もあるかもしれません。でも本当の理由は私の世間話が長いからかもしれません・・・。お出ししておりますコーヒーや昆布茶、緑茶の消費量も格段に増えておりまして、たまに差し入れを頂くと完全に喫茶店みたいになります。ファッション誌やスマホを見ながらのんびりとくつろいでいる姿を見ますとサロンのような気がしてくることもあります。』

 

 

2014年3月のラブレターからの抜粋

 

『さて最近は詐欺や偽装などの問題が新聞の紙面を飾らない日は見かけなくなりました。ただ古今東西、老若男女を問わず人を騙して生きる人間は必ずいるのだと思います。であるならば自分が騙されないようにするしかありません。うまい話には必ずからくりがあるのだと思います。背景にあるのは商業主義なのだとも感じます。ならば日頃から他人が何を言おうが自分の頭で考えて自らは関与しないという選択肢も常に用意しておく必要がありそうです。
私共の業界でもブランドの偽物・コピー品は昔から出回っております。良い素材のスーツを格安で購入したはずなのに全くの安物スーツで騙されていたなんて笑えない話も耳にします。ショップ選びはとても重要なのでございます。しかしそもそもなぜ素材の良いスーツが必要なのでしょうか。
私はたまにしか電車に乗らないのですが、職業柄か車内でスーツ姿の男性を見ますとヨレヨレのスーツに身をくるみ心身共に疲れている方も多いのかなと感じてしまいます。一方で車外の流れる景色に目を向けますといつの間にか工業化されているところも多く、確かに豊かになったなと思うのですが工業化というのは便利になることではあっても文化(かな?)という観点から見ますと必ずしも豊かではないと思うのです。だからこそ一着のスーツを通じて活力や安らぎといった心の豊かさをご提供できたらと思います。
ただ良い素材や良い仕立てと申しましても数値で表すことはなかなか出来ません。(巷で良く目にするスーパ120s等の表示は実は全く素材の善し悪しとは関係ございません。)そこでどういう基準を持てば良いのだろうかと色々考えてみました。結果的に良いスーツとは人の心に感動を呼び起こすものでなくてはならないとの思いに至りました。一目見てまたはお手を触れて「これだ!」と思って頂けなくてはならないと思うのです。
絶対になくてはならない訳ではないですがないと何となく寂しい、作業着の対極としての素材やお仕立てにこだわったスーツ。ボタンや裏地やオプションなど細かいところにも皆様のセンスを反映させながらワクワクお仕立てしていくスーツ。格安スーツとは逆の方向に向かっておりますが、そんなお店が一つくらいあっても良いのかなと思っております。』

 

『ミユキテックス』
前回ご案内致しました「バルコンチェーンのハガキDM」の裏面で大きく掲載されておりました「48.000+(税)のミユキテックス」なのですが、これは昨シーズンの40%オフの「ミユキテックス」とは別物でございます。価格的には均衡しておりますが前回のクオリティには及びませんのでご了承下さいませ。

 

『バルコンオリジナル』
実用性重視のオリジナル生地なのですが最近一つの傾向が顕著になってまいりました。それはN仕立て比率でございます。N仕立てにつきましては詳しくはホームページをご覧頂きたいのですが、簡潔に申し上げますと私共の最高ランクのお仕立てでございまして、使用する素材や縫製の工程数が格段にアップするだけでなく、例えばボタンはプラスチックではなくシェル(蝶貝)やホーン(水牛の角)など天然素材から選べる(60種類)、また裏地もポリエステルではなく天然素材のキュプラから選べる(90種類)、さらにAMFステッチ・本切羽など人気のオプションも付け放題なのでございます。単品でつけていきますと2万円以上のオプション価格になりますがN仕立てですと1万円アップのみのため「いつからやっていたの?」「なんで今まで言ってくれなかったの?」と叱られることも度々です。ただスタートは昨年の9月でございますのでまだ始まったばかりなのでございます。ご自分のセンスが反映でき所有満足感も大幅にアップするため価格帯を一つダウンさせてもN仕立てをお選びになる方も多くなっております。
(もちろん通常のお仕立ても毛芯を使用するなど十分に手間はかけておりますのでご安心下さいませ。N仕立てはアップグレードするイメージでございます。)

 

 

『バルベリス カノニコ』

バンチブック(生地見本帳)の入荷が遅れ大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんでした。現在は豊富な生地見本の中からお選び頂けます。さてこのカノニコでございますが皆様どういう理由でご注文されているのかと伺ったところ「いつか作りたかった」「ずっと欲しかった」という理由に加え「本当にそんなに良いのか試してみる」といった理由まで様々でございます。いずれに致しましても生地のクオリティは間違いなく高いため少なからず皆様のご期待に添えているのかなと感じております。(もちろん100%ではないと思いますが・・・)
問題は一着トレンドのシャープなフォルムでお仕立て頂きますとその着心地、艶やかな光沢などから今までのスーツが着られなくなり「お前のせいでお金がかかる」と言われることが多くなっていることでしょうか。ただ自分で着用してみまして良いものはやはりオススメしたくなります。世の中には自分で着用したこともない生地を大々的ににアピールしているところもありますが、やはり最低限自分で着用してみてじっくり味わってみないと本当のところは分からないと思います。カノニコについて最も注意するべき点は同じカノニコのタグでも生地のクオリティには大きな差があるため低品質のものを掴まないことです。(ゼニアのように明確にレーベル分けされていないことが多いです。) 上級レーベルのカノニコは自信を持ってオススメできる品質でございます。

 

 

『エルメネジルド ゼニア』
ここ最近30代後半~60代の皆様に加えまして20代後半~30代前半の皆様にご注文頂くことも増えてまいりました。憧れのブランド・世界最高のブランド・ステータスの象徴など表現の仕方は色々ございますが、実際そのクオリティには目を見張るものがございます。クインディッチミルミルなどは店内の見本スーツを羽織って頂ければ分かりますが(見ただけでも分かりますけど)、コストを無視して織っているのがよく分かります。
もちろん無駄は省いていると思いますがそのプライスは他のブランドと比べましても高額です。しかし最高のものを作ったら結果的にこのプライスになったということを理解して頂ける皆様が多いからこそご注文頂けているのかな思います。ファッションに興味があって素材にも興味がある皆様にご満足頂くためにはこういう最高級のブランドも必要なのですね。世間ではよく高額なプライスを掲げる商品のご提案には「お客様のために」などと申しますが、私はそんなに難しく考えず皆様に満足して喜んで頂けるためにゼニアをご提案させて頂きたいと思います。
今シーズン人気のレーベルは現在までのところ「トロフェオ」でございます。私は昨シーズンも品切続出の「クールエフェクト」か超目玉プライスの「トロピカルが」人気になるかなと思っていたのですが、「生地が薄すぎないから」とトロフェオが堂々の第1位でございます。春夏物はレーベルが多いため今後別のレーベルが人気になるかもしれません。随時ご報告させて頂きたいと思います。』

 

 

2014年2月のラブレターからの抜粋

 

『ところで先月成人式スーツやリクルートスーツをご納品させて頂きながら20~23才位のお若い皆様と話し込むことがございました。お話を伺っている中でどうも最近は要領が良いことが評価され、コツコツ時間をかけることが軽んじられているようにも感じました。打てば響くような返答ができる外向性が良しとされ、私のような内向的な人間には少し寂しい世の中です。加えましてスマホやSNSの発達でコミュニケーションの取り方も変化してきており、いつでも便利に繋がる一方で他人の状況を推し量る想像力は少しばかり衰えてきているのかもしれません。恥ずかしながら私はスマホも持っておりませんし、メルマガではないこういう拙い封書一つとりましてもアナログ型の人間だと思われるのですが、それでもいつでもどこでもネットに繋げるようになり過度の情報に対しましては判断に疲れることがあります。あまり情報に振り回されずもう少し良い意味で世の中案外いい加減でも何とかなるのだと考えていた方が肩の力が抜けそうですね。私の場合は肩の力が抜けすぎていて皆様と話し込んでしまうことも多く2~3時間のご滞在は当たり前になっています。もちろん生地やフォルムのご提案、オプションやお仕立てのセレクト等ちゃんと仕事もしているのですが、なぜか話題が横道にそれることも多くいつの頃からか必要なものだけを効率よく短時間でご注文頂くスタイルとは真逆になってしまいました。皆様がまだ気付かれていない潜在的なニーズを呼び起こして喜んで頂こうとすると時間も必要になるのかも・・というのは言い訳ですね・・・。』

 

『さてそれでは本題でございます。まずは今シーズンの傾向からなのですが、いろいろな時代を超えてリフレッシュされてきたファッショントレンドは今や一つの単純な要素だけではリードできなくなってきており、品質や機能・コストパフォーマンスや素材など様々な要素を交差させることが不可欠になってきています。そこでまずここでは具体的にカラーとフォルムの傾向をご案内させて頂きます。あとは実際に生地に触れて頂いてのご提案が良いかと思います。
2014年春夏のベースカラーはトップトレンドに位置づけられるグレーとロイヤルブルーといった紺系が引き続き注目色です。そして光沢感やぬめり感のある新しい素材感もポイントとなりそうです。その素材感を含めまして背景に光を感じさせるようなカラーがお勧めでございます。またフォルムは引き続きタイトフォルムでハイゴージのジャケットにノータックでショートレングスなパンツがお勧めです。これも採寸の際に実際にご試着頂いて実感して頂ければと思います。』

 

『バルベリス カノニコ』
秋冬物では品切続出で大変ご迷惑をお掛け致しました。私共で人気NO.2のブランドがこのカノニコでございます。「やっぱり良いものはすぐに売れちゃうね」というお言葉を頂戴する度にこれからの成熟市場では目新しい商品よりも確立したブランド力のある商品の方が輝いてくるのかなと感じます。実用性や機能性に加え歴史や感性といったものも重視されているように思えるのです。皆様「これどこのスーツ?」「最近良いスーツを着てるね!」等と言われる度にだんだんと周囲の目を気にし始めるようでございます。バーバリーやラルフローレンに留まらずカチョッポリやヒューゴボスなどかなり高額なプライスタグを掲げるブランドにも生地を提供しておりますのでそのクオリティは世界が認めるところでございます。それでは今シーズンのカノニコの特徴でございますが、まずはいつにも増して艶やかな光沢を実現しております。美しいドレープ性も含めこれぞまさに高級スーツだと思わせます。加えまして間隔の広いチョークストライプ柄や大きなチェック柄のウインドペン、さらには一見カジュアル風な織り方のウール生地などカノニコでなくては表現できないなと思われるものが多数ございます。同じ価格帯には他の海外有名ブランドや国産品もございますが、このクオリティをこの価格帯で提供しているところはほとんど見あたりません。それはカノニコが自社で原毛の買い付けから紡績、染色、仕上げまで全てを一貫して行っていることも一因かと思われます。今シーズンの新柄は全体的にウエイトも軽くソフトでシルキーなタッチと相まって着ているのを忘れてしまいそうです。(大げさでスミマセン・・・。)

 

『エルメネジルド ゼニア』

2月7日、待ちに待った「ゼニアコレクション」が入荷しました。送付状にはゼニアの文字が大きく入っています。希少なゼニアジャパンのサンプルのうちの一組の入荷です。思わずその梱包を抱擁してしまおうかと思いましたが、ブランドご優待会でご来店のお客様の接客中でございましたので我慢して丁寧に開封しました。早速開いてみるともう艶からして半端ではございません。はやる気持ちを抑えて手を触れてみますと・・・「おお!これが今シーズンのゼニアのクオリティなんだ!」 一人で感激しておりましたらお客様から「ちょっと見せて」と言われそのままご注文を頂きました。今シーズンのゼニア第一号は3/25にお仕立て上がってまいりますので届き次第HPに掲載させて頂きます。
さてこの当店人気NO.1 ブランドは世界最高のブランドでございますので、並行輸入品やコピー品も多いのが実情です。私共では正規ルート品のためゼニアのロゴ入りの裏地やボタンもオプションでお選び頂けます。また生地のコレクションも多岐に渡るのですがここでは残念ながらとても全てをご説明しきれません。詳しくはホームページをご覧頂けますと幸いでございます。ただ一つ特徴を挙げるとしますと全てのコレクションにおいて飛躍的にカラーバリエーションが豊富になり明るい地色が増えました。トレンドと相まって明るく清々しいスーツが増えてくるかもしれません。気になる価格も1着25万円のゼニアを自社工場縫製にて大幅にプライスダウンさせて頂いております。特にスタンダードコレクションの「トロピカル」は「クールエフェクト」や「トラベラー」よりさらに2万円引きさせて頂いております。期間限定で一定数になり次第終了させて頂きますのでご了承下さいませ。

 

 

 

2014年1月のラブレターからの抜粋

 

『さて今回は一年初めのお便りでございますので僭越ながら今年の私の心がけを書かせて頂きたいと思います。思えば昨年は新たな取り組みがとても多かったように思います。例えばホームページのリニューアル開設・カシミア100%スーツ等の一品物のお取扱い・チェスターコートのお取扱い・手縫いのベルトのお取扱い・西陣織のネクタイのお取扱い等に加え、ボタンと裏地の一新・お仕立てランクのセレクト等思い返しただけでもたくさんの取り組みがございました。そこで今年も「さらなる新商品の充実を」とも考えたのですが、新しいことばかりに目が向いていて皆様の方を向いていないのではと反省致しました。そこで今年の心がけは新商品でもまして売上げの数字でもなく「皆様に喜んで頂くために何をすべきか考える」に致しました。現在でも私のお便りは皆様にお伝えしたいという想いが強いためか、知らず知らずのうちに「商品と価格のご案内」というよりもいつも同じブランドながら「魅力的な生地の素晴らしさをお伝えする」といった色彩が極めて強くなっております。(ご批判も頂いておりますが・・・)
ただ最近私は何の商品でもサイクルが短くなっていてもう最先端を追いかけるのに疲れてしまった皆様が増えているようにも感じています。だとすれば新しい生地(ブランド)をどんどんご提案するのではなく本当に皆様が納得できる生地をご提案するべきではないかと思うのです。巷で流行しているトレンドをご提案するのではなく心の豊かさを得られる生地をご提案してまいりたいと思います。今年はモノの豊かさではなく心の豊かさにフォーカスしてまいります。その際自己満足にならない皆様に分かりやすい表現も心がけたいと思います。』

 

『名乗るほどの生地ではございません』
バルコンオリジナルなのですが実はかなりこだわっております。どこにこだわっているかと申しますとビジネス用に特化しているのです。少々乱暴に着用しても問題の無いように糸の縒りを強くし耐久性を高めています。ただ、このオリジナルを仕事着と考え無難な色柄を選ぶのはもったいないです。そうでなくとも男性の装いは女性に比べて地味になりがちです。オシャレに着こなすためには華やかで光沢のある生地を選びたいですね。シャツやネクタイなどのコーディネート次第ではレストランでのディナーなどにもピッタリです。爽やかさと清潔感を持って大人の余裕を醸し出して頂けたらと思います。

34.650円→29.400円・40.950円→32.760円・51.450円→41.160円

 

『もうその辺の生地では満足できない方が続出』
バルコンチェーン創立40周年記念商品「ミユキテックス」でございます。40周年だから40%OFF(単純!)のバルコンチェーンの目玉商品です。82.950円→49.770円になるためオリジナルを検討していてこのミユキテックスにされる方もたくさんいらっしゃいます。素敵なものに出会うと人はどうしても欲しくなってしまうのかもしれません。当初38色柄あった見本も現在数色を残すのみとなりましたが、今月もたくさんご注文を頂いております。ご希望の方はお早めにご検討下さいませ。また完売の際はご容赦下さいませ。

 

『このクオリティの高さで本当にこの価格でいいの?』
価格以上の満足感をお約束致します。「自分に自信が持てる」 「人生を変える素敵な生地に出会ってしまった」 などとおっしゃる方もいらっしゃいます。光沢も艶も質感も申し分なしのこのカノニコは一度着用するとやみつきに。もう他の生地は着られなくなってしまうかもしれません。なので思い切って普段選ばないような色柄に挑戦してみるのもおすすめです。素材が良いので派手にならず上品に仕立て上がります。さらには発色の良さを生かして靴やバックのコーディネートも一工夫したいですね。あまり派手にしすぎるのも装飾過剰になってしまいますがどこにポイントを置くのか、どこに視線を集めたいのかを考えてコーディネートするとスーツの魅力も一段と増しそうです。 82.950円→65.000円(B仕立て)~

 

『持ってびっくりこの軽さ!着て実感この柔らかさ!』
高級スーツブランドがひしめくイタリアにあって際だった存在感を示しているのが「ゼニア」です。非日常を演出するうっとりするような生地がたくさんございます。そのクオリティは素人でもすぐに分かるレベル。未知との遭遇です。ゼニアは着用するアクセサリーと考えてみてはいかがでしょうか。つまりどのようなスーツを着用しているかで着用者の人柄や好みが分かる、仕事着としてだけではないスーツの魅力が広がっています。正規品は通常1着25万円程しますが安価なスーツよりもむしろ人生やビジネスを楽しもうと長く愛用できる本物への期待が高まっているのかもしれません。
正規ルート仕入れ品   割引後価格 109.000円(B仕立て)~
(スタンダードコレクションの「エレクタ14色」は割引後価格よりさらに10.000円引き)

 

 

2013年12月のラブレターからの抜粋

 

『とても寒くなり日中の穏やかな日差しを一層ありがたく感じるようになりました。皆様お変わりはございませんでしょうか。私は暑さは得意なのですが寒さは苦手なので店内は常にホカホカでございます。

さてつい先頃外食の虚偽表示問題があちこちで波紋を広げましたが、今の時期は伊勢エビが品薄で高騰しているようです。こういうニュースを聞くにつけお店の利益追求のため、伊勢エビと称した格安のロブスターがいかにたくさんお正月のお祝いの場を飾っていたのかが分かります。購入する側からしてみれば表示を信じるしかない以上、産地証明書を掲げているなど誠実なお店を選ぶしかないような気も致します。
私共でも例えばネクタイは「西陣工業組合」のタグのついた本物の西陣織、また手縫いの革ベルトも刻印の打ってあるものや公的機関の証明書を取ったものをお取り扱い致しております。もちろんゼニアの生地も並行輸入品でも既製生地の流用品でも、ましてコピー品でもなくゼニアジャパンからの正規ルート品をお取り扱い致しております。今後も社会規範を守り卑怯なことはせず真っ直ぐに仕事に取り組んでまいりたいと考えております。ただ最近これに満足するのではなくさらにもっと深く探求しなければと気づかされたのが喫茶店でコーヒーを飲んでいる時でした。缶コーヒーやコンビニコーヒーが身近になる一方、コーヒー豆を栽培する農園にまでこだわり自家焙煎して豆本来の味を引き出すコーヒー専門店が都内で増えています。農園・栽培・仕入れ・焙煎方法にまでこだわる姿勢がとても素晴らしいと思います。私共でも低価格スーツが身近になる中、高品質な本物の素材をお求めになられる皆様が増えているようにも感じております。』

 

『さておかげ様で今年は本当に多くの皆様にご新規のお客様をご紹介して頂きました。「スーツがフィットしなくて困っている方」 「クリーニングに出してもヨレヨレにならない仕立てがご希望の方」 「痩せて見えて足も長く見せて欲しい方」 「一流ブランドスーツにこだわっている方」など様々な皆様にご来店頂きました。誠にありがとうございました。100%ご期待に添えたかは分かりませんが少しでも喜んで頂けましたら嬉しいです。特に何か目新しいことをやったわけでもないので感謝の気持ちでいっぱいでございます。
また4月に開設させて頂きましたホームページもおかげ様で閲覧が多く(1日500ページ近く) 本当に遠方よりご来店頂けるようにもなりました。特に高速を使ってご来店頂いたり、レッドアローを使ってご来店頂く方の多くはゆっくりとじっくりと生地やデザインをセレクトされるため滞在時間2~3時間は当たり前で5~6時間いらっしゃる方もおられます。いろいろお伺いする中で「なぜたくさんのホームページに掲載されているお店の中から私共を選んで頂けたのか」をお聞きしますとお答えの多くは 「正規品のゼニアを安く取り扱っているから」 ともう一つ「信用できそうだから」でございました。ゼニアの正規品は私もホームページのメインに据えていることもあり予想できたのですが、信用できそうだとお聞きしますとやはり嬉しくなり採寸などにも力が入ります。「銀座に行こうと思ったけれどこっちに来た」などと言われますとお世辞でも感激します。』

 

『最後に私は接客中に多くの皆様からありがたいお話を聞かせて頂いております。とりわけ印象に残ったのがある日本料理の料亭の社長様から「泥水をすくうなよ」と何度も繰り返し言われたことでした。「澄んだ水だけをすくっていればよいものを、もっともっとと欲張って泥水をすくうからおかしくなる」のだと。留めるべき所を知り欲張らずにしっかりと地に足を付けてまいりたいと思います。ビジネス用のオリジナル生地からゼニアまで幅広くお取り揃えし皆様のご希望に少しでも添えるよう努めてまいります。』

 

 

2013年11月のラブレターからの抜粋

 

『さて私事で恐縮でございますが、たまの旅行の際には航空会社はANAを利用しております。すると時々ANAよりDMが送られてまいります。今回はANAと提携している某郊外型紳士服店の案内でした。曰く「ニュージーランド産スーパー110sで究極の着心地を実現」と記載があり、特別割引券を利用して5万円以下に割引、他にも下取りや小皿プレゼントなどの特典が満載でした。翻って私のご案内は「ゼニアは世界最高品質の生地を提供しています」など当たり前すぎておかしくも面白くもない事実をお伝えし続けております。また最近周りから色々売り込みも増えておりますので心が右に左に揺れることもございますが、誠実に正直にという志を忘れず「本物の素材をお値打ちにご提供する」というごく当たり前のことを地道に丁寧に徹底していかねばならないと改めて考えております。ということでございまして今回も耳障りの良い文言はございませんが、どうぞご容赦下さいませ。』

 

『さて4月のホームページ開設以降、ご紹介や口コミも含めまして毎月多くのご新規の皆様にもご来店頂いておりまして大変ありがたく思っております。市内に加え都内やさいたま市方面からご来店頂く方が多いのですが、秩父からレッドアローでご来店頂いたり、千葉県や神奈川県から高速を使ってご来店頂くこともあります。多くの方は私共に共感頂いてご来店頂けるためかコミュニケーションをしっかりととりながらご提案させて頂けるのですが、まれにHPをちらっと見てご来店される方から「今はもっと安くオーダーできるぞ」などと言われることもあります。ただ私は自分が着用したくないものをご提案したくはありません。ポリシーと言うほど大袈裟なものでもなく、品質の伴わない生地を自分で着用するかと考えてみますと絶対にしませんし、オススメしたくないものをご提案するとなるとやはり心が汚れます。今はそれぞれの価格帯でより良い素材を追求することに全力を尽くしております。地味で高揚感には欠ける作業かもしれませんが、それでも一生懸命やっているうちに派生的に道が見えてまいります。チェスターコート・手縫いのベルト・水牛のオーダーボタン・略礼服用のマットなブラックスーツ生地などは昨シーズンまではほとんどお取り扱いがございませんでしたが今ではお陰様で大人気でございます。どんな些細なことでも主体的にチャレンジしていくうちに次の世界が見えてくるのかもしれません。
実際良い素材のスーツをお召しになられている方は皆様本当に表情が明るいです。自信と充実感に裏打ちされた本物の明るさのように感じます。』

 

 

 2013年10月のラブレターからの抜粋

 

『爽やかな季節となってまいりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。朝夕はだいぶ冷え込むようになってまいりました。さて私のこの拙いお便りも十数回目と回を重ねるごとに「おしゃべりばかりで商品の案内が少ない」とご指摘も頂くようになりました。そこで今回はおしゃべりは省かせて頂きたいと思います。ただ、商品と価格を羅列してもつまらないので各々の商品の人気の傾向を書かせて頂きます。と申しますのも以前の私は細かいスペックにこだわり、糸番手がどうとかスーパーがどうとかにこだわってご提案しておりました。しかし最近ゼニアやカノニコの生地をメインにお仕立てさせて頂くようになりましてからは、皆様がお仕立て上がったスーツを着用されてから後のこと、例えば繊細な人間関係の中でどうご自分を見てもらいどうご自分を活かせるかなどが大切なのだと思うようになり、そこを離れて抽象的なことにこだわっても仕方がないと考えるようになりました。

今でもこのゼニアやカノニコ仁出会ったときの驚きは忘れられません。艶のある生地に色鮮やかなストライプが美しく描かれています。『うわぁ!』自然と感嘆が漏れます。驚きは見た目だけではございません。めっぽう柔らかいのです。そして軽いです。皆様にそんなスーツの素晴らしさをお伝えできたらと思います。』

 

『ご家族様ご友人様をご紹介頂いております皆様、そしてご紹介によりご来店頂いております皆様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

「スーツが体に合わなくて困っている方」「本当に良い素材をお探しの方」「フォルムをスマートに見せたい方」「縫製にクオリティをお求めの方」など様々な方をご紹介頂いております。ホームページを読み込んでご来店頂く皆様もそうなのですが、ご紹介や口コミでご来店頂きます皆様は、私共に共感して頂けているためか、生地やフォルムのお好みが的確に把握でき、一着目から理想に近いスーツをお仕立てできることが多いように感じております。私共も一着目はお好みがうまく反映できたかドキドキしているのですが、「良くできた」とお言葉を頂きますとやはりとても嬉しいです。

その為最近は大量の折り込みチラシを全く撒かなくなりました。無理にお客様の数を増やそうとするのではなく今後も喜んで頂ける事を一つ一つ丁寧に積み重ねていきたいと考えております。』

 

 

2013年9月のラブレターからの抜粋

 

『さて夏期休暇の間、私は子供とファーストフード店やコンビニに何度か立ち寄る機会がありました。今は本当にいつでもどこでも気軽に食事ができます。しかしその一方で接待やデートなど、料亭や高級レストランでの振る舞いやマナーが自分の評価につながる機会も少なくありません。

スーツにも同じことが言えるのかもしれません。手軽に買うのも良いですが服装は人格の一部とも言われます。また服装で相手のクオリティを感じるとも言われます。「自分がこういう人間だと見られたい外見」つまり自分の価値がそのまま表現できる外見でいることはとても大切なことなのだと改めて感じております。流行を取り入れた安価なファストファッションが隆盛を極め、ネットの普及でファッションに関する情報が溢れる中、しっかりと自分の価値観を持つことが求められているような気が致します。』

 

『そして暑いときに暑苦しい話で申し訳ございませんが、今週秋冬物の新柄生地がドドーンと入荷してまいりました。冷静に考えてみますと暑い日に寒い日のためのスーツをご案内させて頂くのは不思議な気もするのですが、実際には既に秋冬物のご注文をいただいております。なんとコートまで。 生地のお好みが異なるようにお買い上げ頂くタイミングも人それぞれ異なるのだと思います。早くご注文頂く方が決してせっかちなのではなく、実際の着用時期までの期間をワクワク楽しまれているのだと思います。』

 

『以前の私はこのようなご案内をさせて頂く際、常に他店の価格や動向が気になっておりました。しかし今は全く気にならなくなりました。いつも皆様に喜んで頂ける事を考え新しいものに挑戦し続けておりますとどうやったらお買い上げ頂けるかという悩みは無くなりました。

確かに競争社会は厳しいなと感じることもございますが、勝つばかりにこだわっていると長続きしない気もします。勝ったり負けたりしながら勝ち越すくらいでちょうど良いバランスなのかもしれません。私も売り上げにこだわるよりも皆様に喜んで頂ける事を第一に考えていきたいと思っております。』

 

 

 

 

 

 

オーダージャケット・オーダーコート・オーダーフォーマル・オーダーレディース・オーダーシャツ・オーダースーツ(ゼニア・カノニコ)のバルコン入間店 リクルートスーツ&成人式スーツ&入学式スーツも得意です!